2018年4月24日火曜日

プライド


 
  
 
外出予定が無くても毎日メイクをする
外出時は必ずハイヒールを履く
 
 
 
これは、誰の為でもありません
私の美意識を貫く最低限のプライドです
 
 
私は里帰り出産ですので
現在は実家のある三重県におり
終日顔を合わせるのは両親のみ
という日も多々あります
 
 
私がメイクをしていなくても
両親は全く気にしません
 
 
ストレッチは欠かしませんが
エクササイズが十分に出来ない今
ハイヒールを履いて外に出るのは
大げさな表現になってしまいますが
覚悟が要ります



それでも貫きたい
私の最低限のプライド



誰かの為に貫いているのではなく
私の中に在る、女性の心の為に
貫いています


プライドとは矛先が外に向くと
他者との比較に自身が翻弄され
息苦しくなってしまいます


しかし、プライドが内に向くと
恥をかいても、失敗しても
成長の為にしている事ですので
恥ずかしくは思いません


仮に後ろ指を指されても
また非難されたとしても
サラリと流せるようになります



病院へ行く時も、外出時も
ハイヒールを凝視されることは
多々ありますが、それでも
とても軽やかな気分でいられます



これを綴ること、実は産後の私への
宣言でもあります
産後のゴングが鳴った後も頑張るぞ
そう自分に言い聞かせているのです



全ての女性へ心からの愛を込めて


Maki
 


2018年4月19日木曜日

溢れる思い

 


 
 
12月6日から開始しました
コンサルティングですが
この度、出産が間近に迫り
暫くお休みに入る事となりました

先週のプレタポルテでは
明らかに出産が近づいているのが
見て取れる歩きになったこともあり
Asamiさんと共に、これが出産前
最後のレッスンかもしれない
という思いで画面を閉じました


身体の変化とは正直であり
1週間でここまで激変するのかと
逆に感嘆するほどです


翌日からはストレッチが
精一杯の状態となり
おしるしもありましたので
いつ陣痛の時を迎えても
不思議ではない状態です


















お休みの決意をした時
コンサルティングを始めて
良かったと、心の底から
湧き上がる暖かい気持ちに
目が熱くなるのを感じました
 

学んでいることを文字におこすと
ハイヒールでの美しい歩き方とその理論
ではありますが、本当の学びは
全く別の更に深いところにあります
 
 
 
 
美しく生き抜くこと
それは自分の人生を生きること



自分の世界を創り上げることに
エネルギーと魂を燃やし
自分の世界観が明確になるほど
他者への尊敬や愛が生まれる



コンサルティングを始め
私の世界観を創り上げていく内に
私は他人様の生き方を尊重し
噂話に一切の興味がなくなりました


私の人生を大切にするからこそ
他の方の選択や生き方を
今はとても大切に思うのです


互いに違うことが自然であり
時にそれは心地良いものだと
思いますし、そう思えた時
心に穏やかな平和を感じます



私は、出産前のタイミングで
これに気付けたことは奇跡であり
一生の財産であると感じています


 
 
またこのコンサルティングの期間
身体の怠さから美しさを諦めるのは
いとも簡単に出来たことです


しかし、AsamiさんやTeam-Asami Paris-
のメンバーの方々から感じるエネルギー
AMELKISにお越し下さる皆様の思い
 
全てが私を奮い立たせ、美しく在る事に
喝を入れて下さいました

この感謝の意を、どう表現しても
表現しきれないもどかしさを感じます

 
 
 
時には、膨らんでくるお腹に
エクササイズをしてもしても
反比例の様に成長できないようで
焦りを感じる時も幾度となくありましたが
1年前の私の歩きや脚と見比べると
各段に今の方が美しいと思えます



現在の心境としては
出産と子育てという未体験のことに
ワクワクではなくブルブルと不安を
感じて日々を過ごしておりますが
皆様のエネルギーを胸に頑張ります



今までのような頻度でのBlog更新は
難しいかもしれませんが、それでも
引き続き、可能な限り綴ってまいりたい
と思いますので、ぜひAMELKISに
お越しくださいませ























全ての女性へ心からの感謝と愛を込めて



Maki


2018年4月15日日曜日

これからの時代に必要なこと




静寂な朝方、心をただひたすら
フラットにし潜在意識を研ぎ澄まし
出てきた思いがあります
 
戦後から今までの時代を
学歴の時代と表現するのであれば
これからは、間違いなく
人間力、魅力の時代になるということ
 
人はより人とのコミュニケーションを
欲するだろうし、そこに価値を
見出していくのではないでしょうか
 
 
勿論、今までのどの時代であっても
人間力は必要とされてきましたが
その必要性は更に加速を増し
正に素の自分が試される時が
きているように感じます
 
 
 
別に万人受けする魅力は必要なく
しかし誰かを引き付ける魅力の種は
誰しもが必ず持っているはずです
 
 
その魅力に気付き高める為には
やはり如何に心の声に忠実に
そして力を出し切って
生きるかではないでしょうか
 
 
真の自分が何処に向かい
何を達成したいのか
隠さず逃げずに100%で向き合う
 
 
これを自力で貫く決心をすれば
奇跡は起きるし
その方のエネルギーは止まる事無く
いつまでも人を惹きつける
人間力、魅力になっていくと思います
 
 
それは同時に「全力で生きる」
ということではないでしょうか
 
 
全ての女性へ心からの愛を込めて
 
 
Maki


2018年4月13日金曜日

緩んだボルト



声のテンポやスピードとは
エネルギーの流れを創り出す
という点で非常に大切である

昨日のコンサルティングで
素足のエクササイズを
コーチ役として実践したのだが
驚くほどテンポ感が鈍っており
非常に締まりの無い、まるで
セラピーの様な雰囲気になってしまった


「足の甲を返して膝を曲げます」
の一言も、耳の遠い高齢者へ
話しかけるようなスピードであった

Asamiさんに指摘頂いてから
従来のテンポとスピードに戻すと
不思議と内側からエネルギーが
漲ってきたのである


僅か5分ほどの間に
内側のエネルギーのみならず
顔つきも絞まったように感じる


コーチの発するエネルギーとは
直にクライアントへ伝わるのは
言うまでもない

 
昨日の様な間延びしたエネルギーを
将来AMELKISにお越しいただく
クライアントの方々へ伝えるわけには
絶対にいきませんので
緩んだボルトを締め直なくてはいけません


Maki

2018年4月12日木曜日

ストイックである理由


Asamiさんも含め周りの方々に
私はストイックであると言われます
私もそれは認めるところです
 

人により、称賛としてお伝えして下さる方と
一方で、「ほどほどが一番、何事もバランス」
という方と、二つに分かれます

 
幼少の頃の私はと言いますと
ストイックとはかけ離れており
楽しそうなことには全て手を出し
浅く広く物事を楽しむといった感じでした
 
 
きっかけはバイオリンですが
発表会やコンクールなど
たとえ、周囲の評価を得ても
私自身がどう評価するかに
重点をおき始めた頃から
ストイックな私がむくむく誕生したと
振り返り感じます
 


目標達成という感覚はなく
いつまでも成長過程である
という意識なのです

それでは余りにも苦しいのでは?
という事も言われますが
周囲が感じるその「努力」を
苦を伴う努力と認識していないのです


成功したい=自分の理想に近づきたい
と心底願うものへの努力は苦を感じません



私にとって仕事の姿勢や成功の在り方を
考える時に、どうしても出てくる像は
父親ですが、その父を見ていて思う事は

人生に天変地異が起こっても
足取りを止めない

ということです


止まることをせず
自己評価を軸にした時
ほどほどにバランスをとるとは
困難を極めますので
私はストイックに
生きてまいりたいと思います



全ての女性へ心からの愛を込めて


Maki
 


2018年4月10日火曜日

過去は変えられる




今朝ストレッチを行なっている際
操作を誤り予想外の音楽を流した
私がアメリカ滞在中の最後の時期
精神的に非常に苦しかった時に
よく聞いていた曲だ


香りが人の記憶と密接に結びつのと同様
音楽もまた、当時の記憶を鮮明に蘇らせる


私はバイオリン講師をしていたが
現職の内定を貰い、音楽と全く違う
フィールドにどうしても挑戦したく
当時婚約していたパートナーに
2年限定での日本帰国を相談した


彼は2ヶ月以上の遠距離は無理だ
の一点張りであり、深い話合いすら
持てない状態であった


今の私であれば確固たる軸のもと
理性をもって対話する自信があるが
当時のヒヨヒヨしたマインドでは
日替りに変わる自分の感情に
振り回されてばかりであった


相手もこの日替りマインドに
さぞかし疲労を感じたことであろう


当時の選択は二択だ
内定辞退で結婚、か
入社して別れるか、である


恥を曝け出すが
私はなかなか決断できない自分に
幻滅と苛立ちを覚え
心身の状態たるや最悪であった
(決断までに5ヶ月も掛かったのである)



バイオリン講師の仕事は120%の力と責任で
行なっていたが、レッスンが終わり
扉を閉めた途端に、世界中の不幸を
背負っているかの様な顔をしていた


選択肢を与えられた贅沢な身で
完全な被害者気分でいたのだ



結果としては、魂の声に従い
別れと現職への就職を決意したが
最近まで当時のことを思い出すと
情けない有り様、且つ本当に大変だった
という感情がメインであった


しかし今朝、例の曲を聴いた時
当時の経験と彼へ心から感謝の気持ちが
沸き上がってきたのである



なんと愛ある試練を私に与えてくれたのだろう
心からそう思えたのである



私はあの苦い経験をしたからこそ
心の自由の大切さ
自分を立て直す方法
直感を信じる重要性
男女の関係性
挙げたらキリがないほど学び
格段に強くなったのである


いつもながら気付くのが遅いが
本当に心が震えるほどに
感謝の気持ちが溢れ出たのである



過去は変えられないが
未来は変えられる
とはよく耳にする言葉だが
私は、過去とは解釈次第で
大きく変えられるのだと思う



全ての女性へ心からの愛を込めて


Maki

2018年4月7日土曜日

食事を心から楽しむ


本日は入籍1周年記念として
夫とフレンチに出掛けました


以前のBlogでも申しましたが
私はハイヒールと向き合い始め
体重計は処分しました

妊婦検診が始まった現在は
久しぶりに体重を検診時に
知るという状態です


「細い」ことや「軽い」事に
美の焦点をあてなくなったこと
ハイヒールで筋力の維持がされていれば
大きな体重変化はないからです


私は知る人ぞ知る大食家で
また夕食を最もよく食します

そのため、以前はせっかくの
素晴らしい食事も、食後に罪悪感
を感じたり、食べる量を意図的に
減らしたり等、100%楽しんで
食事を戴けませんでした


本日もしかりですが
シェフが心を込めた美味しい食事を
心落ち着く人々と楽しめることに
心から幸せを感じます


余談ではありますが
食事中にハイヒールを履く事で
足下から高い緊張感を感じ
姿勢や間の感覚の維持に繋がります



全ての女性へ心からの愛を込めて


Maki


2018年4月6日金曜日

筋力維持のためにも



遂に臨月に入り、ここまでお腹は
膨らむものなのかと驚愕している私です

先日、Gianvito Rossiをもっても
ハイヒールに足が通らない、若しくは
無理をしないと通らないほどに
足が浮腫んでしまう日が続いてしまい
3日間ハイヒールを履けずにおりました


浮腫んでもエクササイズはしておりますが
4日目、久しぶりにハイヒールを履いた時
明らかな筋力の低下を感じました


当たり前と言えば当たり前ですが
やはり、ハイヒールを履いての歩行
又はエクササイズで使う筋肉量は
素足のエクササイズとは比較になりません


筋肉量に合わない高さのハイヒールは
適切に身体を動かせませんが
自分に適した高さのヒールは
やはり日常的に履かなくては
筋力の維持は出来ないものだと
改めて痛感致します


Maki

2018年4月5日木曜日

取り入れた練習方法




本日のプレタポルテにおいて
Asamiさんからパーフェクト
と言って頂けました
(勿論、全てにおいて指摘箇所が
ゼロというわけではありませんが)


そこで、先週から何を改良したか
私なりにBlogに綴ってみますので
少しでもお役に立てれば幸いです



1. 鏡有りと無しで動画を撮る

鏡を見ながらのエクササイズですと
左右のバランスにズレがないかを
確認しながら意識的にも、また
無意識的にも修正できます

しかし、ひとたび鏡を取り払うと
筋肉の癖や弱さが影響してしまい
ズレが所々で出てきてしまいます

実際にハイヒールを履いて歩く時
鏡のある場所ばかり歩くわけはなく
100%自分の感覚に頼らざるおえません


そこで、鏡が無い時の身体の癖こそ
しっかり把握しておく事としました



2. 目を閉じて練習する

1で客観視した癖を修正する為に
鏡を使ってしまうと、元の木阿弥に
なりますので、目を閉じて鏡の前に立ち
一つ一つの動きを止めて目を開き
ズレを確認します

例えば、フラミンゴのエクササイズ
足と膝を返す、45度辺りまで上げる
90度まで上げる、前足の途中、
つま先を下に向けた時、着地し進む時、
と各々の箇所で目を開けズレを見ます

ズレがあれば、その一つ前の
動作から目を開けた状態でやり直し
正しい筋肉の使い方を身体と脳に
叩き込みます


面白い発見は、筋力が弱い動作の箇所で
目を閉じていると、身体は大きく揺れます
(バランスを取ろうとしているのでしょう)


3. 1を再度、繰り返す

2で叩き込んだ筋肉の使い方が
鏡有りの時にどう写っているか
鏡無しの時にどう修正されているか
きちんと確認をします



全てのエクササイズにおいて
上記の練習方法を取組めれば
理想的ですが、どれか一つだけでも
取り入れてみますと、嫌というほど
自分の癖を確認することができます


無意識の癖を修正するのが
一番、効率的かもしれません



全ての女性へ心からの愛を込めて


Maki


2018年4月4日水曜日

私の目指す生き方とエレガンス



題名こそ仰々しいですが
内容はとてもシンプルです


私が真に目指す生き方は
如何なる時も自分で決める
ということです


今でもそう努めておりますが
100%ではありません
所謂、常識というものに
全く囚われていないかと
問われれば、即答は出来ません


他責にしていることや
する瞬間も、恥ずかしながら
あります


自分に責任を持つとは
私の魂を尊重し、また
相手を尊重するということ



そして、目指すエレガンス
それは常に上機嫌で愛を心に持つこと


どんなに美しく装っていても
日々の心掛けで内面が美しくても
不機嫌なオーラや表情は
エレガンスを奪います


何より、自分の機嫌は自分でとるもので
相手にとってもらうものでは、ありません


その幼稚さを捨てられた時
真の余裕が心に生まれ
エレガンスに繋がるのだと考えます


また、上機嫌であるとは
愛を周囲に配るということです


エレガンスとは何かを突き詰めれば
それは心の状態の反映だと思います


エレガンスの定義は人それぞれですが
私は、笑顔、愛情、感謝、
そしてユーモアを持てる心の余裕
だと信じています



自分で決める
上機嫌でいる
心に愛を持つ


日々、思いもよらない出来事や
心から思い悩む事も出てきます

それでもこの3つを貫くには
腹をくくるしかありません



全ての女性へ心からの愛を込めて



Maki

2018年4月2日月曜日

ハイヒール実践編ビデオ



先日、無念にも挑戦出来なかった
ハイヒールのエクササイズ実践編ビデオ
漸く実施が叶いました


やはり、一人で行うのに比べて
格段に筋肉への意識が変わります


一人でハイヒールを履いた
エクササイズを行なっている時も
Asamiさんの声が脳裏に響くのですが
実際に聴きながら行うのとは
やはり迫力が違うのです


途中から膝が震えだし
筋肉不足を痛感せずにはいられません


最後はソファに雪崩れ込む程に
心地良い疲労感を感じ
我ながら、昨年よく5日連続で
オートクチュールレッスンを
受けれたものだと感心してしまいました
(当時のレッスンは2hr30minです)


忘れてはいけないのは
人を的確に動かす「声の哲学」です

声の高さ、間、テンポ
これらを意図的にコントロールし
話されているからこそ
ダイレクトに脳に伝わり
的確なタイミングで
正しく身体を動かせるのです


声の意識がなされてなければ
只の流れ作業になってしまう
可能性も十分あり、改めて
「声の哲学」
習得の必要性を感じました


暫くは、毎日このビデオと共に
エクササイズを行い
筋肉強化していきたいと思います



************************************
こちらは、あくまで私の感想であり
Asamiさんにリクエストされたものでは
ございません
************************************



Maki

2018年4月1日日曜日

強き女性




私が心から尊敬する先輩
約4年前に転職されましたが
今でも彼女には定期的に
お会する機会に恵まれております


転職先は競争が激しい
大手外資系ですが
持ち前のエネルギーと努力で
日本支社のトップになられました


本日、久々にお会いしましたが
普通なら立ち直れないような
辛い出来事もサラッと笑顔で話し
見事な昇進についても威張る事なく
謙虚に捉え、ユーモアを交えて話す
その姿に、気高い品性を感じました



彼女は大きな目標は持ちつつも
先ず目の前の一歩をコツコツと
着実に達成することに重点を
置いており、成功を焦ることなく
歩んでらっしゃいます




2歳にも満たないお子様を持ちながら
超多忙な業務をこなす先輩
それでいて女性の性を感じさせる
服装にメイク、話し方に
終始、圧倒されつつも
純粋にこの様に世界レベルで日本を
牽引していく女性の存在に
心から喜びを感じました




改めて先輩にお会いし
その大きなエネルギーと愛に
私自身も更にギアが入ったのは
言うまでもありません



Maki


丁寧に扱う




今朝の楽しみは、待ちに待っていた
ハイヒールのエクササイズ実践編の
ビデオと共に、エクササイズを
行うことであった


ことであった、ということから
お察し戴ける様に、その夢虚しく
今朝はストレッチさえも行うのに
疲労を感じるほど、体調の停滞を
感じたのである


ストレッチを行っている方は
お分かり戴けると思いますが
最初の片足を椅子に上げる
骨盤の位置を整えるストレッチも
行うと身体が怠く感じるという
状態であったので、ここは無理せず
睡眠を優先することとしました


人間とはここまで眠る事が出来るのか
という程に今日という一日を睡眠に捧げ
妊婦ですので、空腹は我慢出来ず
食事を取り、再び横になるという
完全なる休息日を過ごしました



ハイヒールとはAsamiさんも仰る通り
本当にドクターの様な存在であり
僅かな浮腫や、体調や歪みの変化
驚くほど全てを露にするアイテムです


普段は気付く事のない僅かな変化でも
即時に対処でき、最短でコンディションを
整えることが可能になります


ハイヒールと共に生きるという事は
同時に、必然的に自分自身を
丁寧に扱う事ができるのです



全ての女性へ心からの愛を込めて


Maki