2018年3月4日日曜日

思いやりの豊かさ



「思いやり」
とは人が生きていく上で
とても大切なことではないでしょうか


思いやりとは何も
他人に向けてだけでなく
唯一無二の自分自身に向けてもです


妊娠してから、私は有難くも
多くの方々の思いやりに助けて戴いております
(勿論それ以前もです)


電車では席を譲って戴いたり
仕事では体調の変化に柔軟に対応戴いたり
Asamiさんは私の体調を私よりも
繊細に気遣って下さいます



本当に心から有難いことです



思いやりとは愛であり
また想像力の豊かさを
表しているように感じます


想像力を鍛えるには
色々な経験を積むことは勿論ですが
様々な芸術に触れることでも
鍛えることができるように思います


赤いバラ、と聞いて描いても
描き方は千差万別です
赤の色彩一つとって調べてみても
紅赤、唐紅、赤銅色、珊瑚朱色、etc
多くの色があります


多くの芸術に触れることで
自分自身とは全く違った感性や
そもそも持ち合わせていない感性に気付き
想像力の幅は広がります


人と自分では見えている世界
捉え方や考え方がこんなに違うのか
と大きな気付きにもなります


茶道の世界においても
同じ点前をやってみても
誰一人として同じ点前はありません
その方の感性の違いが出ております


豊かな想像力をもって
他者や自分自身と向き合うことにより
思いやりの心も豊かになると感じます


多くの方々からの思いやりに感謝し
それを循環させてまいります





全ての女性へ心からの愛を込めて



Maki







0 件のコメント:

コメントを投稿