2018年2月17日土曜日

自分への偽り






自分の魂の声に忠実に生きる
つまり自分に嘘をつかず生きる
言葉だけ見れば簡単に感じるし
実際自分はそのように生きている
と考える方も多いかもしれない


しかし私はこの通り生きるとは
相当の覚悟が必要だと思っている

なぜなら私たちは多かれ少なかれ
人の概念に沿って生きているからだ

人の概念とは

親が良いと言っていた
教師が良いと言っていた
友達が薦めてくれた
尊敬する人がアドバイスしてくれた
社会常識的に普通だから


こういった先人が先にしてきたこと
成功、決断してきたことに
善くも悪くも自分の常識や価値観を
無意識のうちに合わせていて
魂の声の周りをそれは厚く
コーティングしている


長年信じてきた自分の価値観を
覆すことは非常に苦痛を伴うし
魂の声に忠実に生きようとした時
このコーティングに真っ向から立ち向う日は
必ずきてしまうのである


誰も応援してくれない
誰も賛成してくれない
そんな状況下で一人歩むのが
気楽なものだとは私には到底思えない


だからこそ、この道を経てきた人のみ
軸が確立されていくのだろう

自分軸がある、あっぱれな人は
一言で言うとヘヴィーな人生を
歩んできた人生を持っている

人生の荒波を乗り越え生きていくのに
自分を保つ必要性があったから
軸を確立せざるおえない状況に
なったのではないかと考える


偉そうな事を書いているが
私は超が付くほどの甘えっ子だ


昨日の新月日食を過ぎた今朝
私自身に嘘をつくことなく
真っ正面から歩んでいく
そう心からふつふつと
沸き上がってきた言葉である




全ての女性へ心からの愛を込めて



Maki





0 件のコメント:

コメントを投稿