2018年2月21日水曜日

譲れないもの




好奇心と働くことは
私にとって重要なワードである


挑戦してみたいと思うと
次の瞬間にはいつ実行するか
考え始めているような人間である

反対されるかもしれないなど
 露程にも心配していないし
予算が足りなければ何とかなるよう
ありとあらゆる策を考える

場所おいてはもっと関係ない
遠い云々は悩みにもならず
寧ろそれが海外であれば
ワクワクの波は更に高くなる

そしてその興味にハマると
「徹底的に」掘り下げる
「徹底的に」と言うからには
本当に何年でも続けるし
時間もお金も努力も厭わない

事実、私がハマったものは
人生の半分以上の時間を
費やしているし現在進行形である


その代わり、興味のないことは
他人が驚くほどに手抜きである


だからこそバランスを保てているのだ



この好奇心に負けず劣らず大切なのは
働くということ

私にとって
好奇心に忠実であることが
内面を満たすものであれば
社会に出て働くことは
外面を満たすものである


働き対価を戴くという事は
自分の得手の悪い事でも
目を背けることは出来ない

コツコツと努力を積み
評価されることで感じる
社会的な達成感が私は好きである

別の言い方をすれば
強制的に苦手なことを学ぶ機会を
与えてくれることに
私は心から感謝している


私のゴールは
好奇心で深め得た知識を
人に伝えるという職にし
循環していくことである



Maki



0 件のコメント:

コメントを投稿