2018年1月19日金曜日

伝える職業



誰かに自分の信じることを伝える
なんと幸福なことであろう

昨日のコンサルティングで
Asamiさんが生徒役となり
ハイヒールの為のストレッチを
デモンストレーションさせて頂いた



分かり易いだろうか
ストレッチを体感出来ているだろうか
退屈していないだろうか



仮クライアントの気持ちに集中した60分を過ごし
改めて人に何かを伝えるやりがいを
思い出させて頂いた



私はアメリカの大学在学中と卒業後に
約3年間ほどヴァイオリンの講師をしていました

4歳から15歳までの子供達に
個別とグループレッスンを行っていたが
この仕事を心から愛していた

英語というハンデはありつつも
全てのテクニックにおいて
私が弾ける理由を徹底的に考え抜き
誰でも分かるよう言語化する必要もあったし

特に小さい子供にとって
15分集中させるのは至難の業であり
説明と実践のバランスには相当気を使っていた

See you next week!
と送り出した後、最低1週間は個人練習となる為
レッスンで体感してもらい
筋肉記憶してもらうこと

練習ができず、5日後に練習した場合
ポイントが思い出し易いキャッチーな言葉を
レッスン中に投げかけておくこと

様々なことを試行錯誤しながら向き合ってきた
講師の仕事は、今でも誇りに思っていますし
全ての生徒に心から感謝しています



あれから6年経ち、昨日のコンサルティング

再び講師としての道に向かっていることに
心から幸せを感じ、幸福感に包まれました


反省点は沢山ありましたし
今後は素足のエクササイズに
ハイヒールのエクササイズや実践編と
山場はまだまだ続きます


この幸運な立場に心から感謝と敬意を示し
向き合っていきたいと思います



全ての女性へ心からの愛を込めて



Maki


0 件のコメント:

コメントを投稿