2017年12月31日日曜日

身体と人生の軸/Core of body and lives



毎朝行っているストレッチとエクササイズ

母指球に重心が乗ると、体の軸が確立されます

これは、例え片脚立ちであっても
軸が通ればフラつくことなく、また痛みもなく
自分の身体を支えることが可能です


私は、元々右足の母指球が弱く
気をぬくと、即外側に体重が流れ
右脚外ふくらはぎに痛みを感じます


しかし、母指球に重心を掛けると
痛みがなくなるので
本当に不思議です


Asamiさんのお言葉を借りるとすれば
痛みは本当に嘘発見機のようです


身体に軸が通っているのか否か
身体は、痛みとして私達に教えてくれます



一方で、人生の軸はズレていようが
間違っていようが
痛みを発して教えてくれません


放っておく、全く気づかないまま
大切な時は過ぎてしまいます


面倒でも、先を急いでいても
立ち止まり、自分の現在地を確認するしかありません


自分の感情にアクセスし続けることは大切でしょう


軌道修正はいつでも可能ですが
1日、1年でも早いに越したことはありません



私も三十歳になったばかり
偉そうなことを言えるほどの
人生経験もございませんが
今年最後のストレッチの最中
ふと、頭に出てきた言葉です





残り少ない2017年
お世話になりました方々のお顔を
思い出して過ごしたいと思います


2017年愛をかけて下さった皆様に
心から感謝すると共に
2018年は更に愛に意識を集中し
少しでも循環できるよう
頑張ってまいります




全ての方々へ心からの感謝をこめて


Maki

******************************************************************

When we can weight right on thenar, we can feel body axis.

When we can feel correctly body axis, there is no pain, and moreover, we can stand straight even if we stand on one leg.

This is my weakness point that my right thenar is weaker than the left, so whenever I don't concentrate on my right leg, my weight goes to outside of right leg.
My body gives me a hint through pain when I don't put my weight on right thenar.
(if you are sensitive enough by exercises)

This morning, I felt this pain during the exercises.
I thought this signal is truly helpful to reset the body balance, however, at the same time I thought it would be better if we could have same signal when we toward to wrong direction on our lives.

As long as we don't pay attention occasionally where we are and/or where we toward to,
our body will never tell us via pain.

We can always adjust our lives, but it is better if we can do this even 1 day earlier.


Love, Appreciation, and Laugh

MAKI-AMELKIS







0 件のコメント:

コメントを投稿