2018年6月26日火曜日

復帰にかける思い



兎にも角にも、スタートのテープを切る

5月1日の出産後、漸く昨日より
コンサルティングに復帰しました


当初1ヶ月検診が終わり次第の
復帰を目指しておりましたが
出産時に歪めた骨盤の治療があり
漸くDr.からGOサインが降りたので
満願の思いで約2ヶ月ぶりに
復帰する事が叶いました


正直に告白しますと、出産後
ただの一度もエクササイズはしておらず
このようなコンディションで
コンサルティングを開始し
Asamiさんの前に立つことに
戦々恐々としておりました

また更に正直に告白しますと
コンディションの自信の無さから
Asamiさんがバカンス中に
エクササイズをして
少しでも「マシ」な状態で
復帰をしようとも考えていました

Asamiさんは、とてもお優しい方ですが
日々のエクササイズ無しで乗り切れる程
簡単なレッスン内容ではありません



しかし、どのような状態であっても
スタートのテープを切らないことには
何も始まりません

再開が延びれば延びるほど
言い訳は増え、自信は減るもの


恥もプライドも捨て
現状を曝け出す


その様な心境と覚悟で再開した
昨夜のレッスン


大変有難いことに
型は大きく崩れていない
とAsamiさんに褒めて頂き
また更に有難いことに
Blogでもレッスンでのことを
綴って下さいました


一方で筋力の低下と
抱っこと授乳による
デコルテと頭のポジションのズレは
大きな課題です


出産前にストイックに
没頭したエクササイズ
そして理論でもって理解した
ハイヒールでの歩き方


これが大きな財産となって
空白の期間というハンデを
カバーしてくれたことは
言うまでもありません


如何なる状況下においても
力を出し切ることこそが
人生のコマを前進させる
動力になるのだと
改めて確信したと同時に
言い訳もせずに力を出し切った
過去の自分を誇らしくも思います


やっと戻ってこれた
愛するコンサルティング
以前にも増してエネルギーが
満ち溢れており
このエネルギーの循環を
止める事なく突き進みます



心からの愛を込めて

Maki

2018年6月17日日曜日

出産後の美意識




本当に久しぶりのBlogとなりますが
娘を出産し1ヶ月以上が経ちました


毎日、めくるめく成長を遂げる娘に
喜びを感じる日々をおくっております
しかし勿論、そんな悠長なことばかり
言っていられない時も多々あり
娘は大泣き、私もあたふた、な光景は
日常茶飯事です


そうは言っても、育児も徐々に慣れ
心を込めてBlogを綴れるように
なってまいりました


本日は、あるがままの私の現状を
綴らせて頂きたいと思います
本来、コンサルティングを受ける身として
包み隠したいこともありますが
等身大を曝け出さずして
何の説得力もありませんので
敢えてありのままのことを
綴りたいと思います


娘を産んで痛感したこと
それは、美しく在ることは
生半可な覚悟では貫け通せない
ということです



育児とは愛に満ちたもの
であることは紛れもない真実ですが
いつもそう思えるわけではありません

経験者の方なら寝言を言うなと
仰るかと思いますが
3時間ごとの授乳の間に
休息はほぼありません
オムツ交換、母乳、ミルク、げっぷ
眠るまであやし、また泣いてあやす
をしていると、あっという間に
次の授乳時間になるのです


3時間おきの授乳は
点ではなく線であり
要するに繋がっているのです


こうなると避けられないのが
寝不足です


寝不足は思考や身体にも
大きく影響しますので
正直、「美しく在る」などと
言っていられない気持ちに
なることは、しょっちゅうです


しかも相手は、目もまだ見えていない
乳児ですので、ノーメイクだろうと
部屋着であろうと関係ありません


そうです
ここが産後の分かれ道なのです


母親だけの顔になるのか
母親と女性の両面をもちあわせるのか


Asamiさんもこのことを
幾度となく仰っていますが
以前の私は、自分こそ無関係だ
必ず美意識は忘れないだろうと
高を括っていました

いざ現実に自分の身に降り掛かってくると
本当に大変なのです
(大変以外の表現をしたいのですが
大変の一言しか出てきません)


一瞬でも気を緩めてしまうと
どこまでも言い訳を繰り返し
美意識レベルはいとも簡単に
地まで落ちてしまいます


私も、授乳しやすい部屋着
ノーメイクに眼鏡、という
スタイルで済ませたいと
ほぼ毎日思います


しかし、毎朝メイクをし
コンタクトを入れて
心地良い服装に変える
手先、足下はネイルを施す


これだけは、意地で続けています


この意地のスイッチを押すのは
ハイヒールです

美しいハイヒールに足を通すのに
相応しい装いを想像すると
美意識スイッチがオンになるのです


このBlogを読んで下さる女性の中には
産後の方もいらっしゃるかもしれません
その方にとっては、綺麗事に聞こえたり
または追いつめられるように
感じるかもしれません

私自身、いっぱいいっぱいの時は
そう感じてしまう時があるからです

しかし、いつか余裕が出来た時に
再び美意識を取り戻そうと思ったところで
失ってしまったこの瞬間は
二度と戻ってはきません


苦しんでまでする必要もなかろうと
思われるかもしれませんが
女性の顔を保てているという
事実の積み重ねは
確実に自信に繋がります


私の現状から出産を軸に話しておりますが
これは仕事やその時の状況など
どれに置き換えても同じ事が言えます


私は明日も美しき母を目指したいと思います


Maki

2018年5月22日火曜日

父親とハイヒール





全く想像もしていなかったが
私は現在、父親にフラミンゴの
エクササイズを教えている


父親が筋力とバランス力の向上を目的に
片脚立ち運動を始めた事がきっかけである


父親の片脚立ちの姿を見た瞬間
唖然とし、口出しせずにはいられなかった

完全に外側の筋肉を使い、膝も曲がり
腹筋が使えていないのは勿論のこと
骨盤が完全に歪んでいるのだ


ストレッチから取り入れたいが
還暦を過ぎても現役で多忙を極める父には
難しい話であり、フラミンゴのエクササイズに絞り
烏滸がましくもアドバイスさせて貰っている



驚くべきは、エクササイズの効果だ
3日後から自他共に違いが分かるのである


本人も驚く程に腹筋を使うため
キツく感じていたパンツが
楽々履けるようなった


父親は2年ほど前に膝の筋を痛めており
所謂、胡座をかくような姿勢は出来ない
しかし、膝を最大限にプッシュする事で
膝周りの筋肉が強化され
客先で30分もの間、痛みを感じずに
胡座で座っていられたようだ


また、下りの階段で膝に痛みを感じていたが
今では膝への負担が大幅に減ったと
感じているとのこと


そして身体の軸ができつつあり
父親が他に独自で行なっていた
エクササイズの姿勢や力強さが
格段に向上し、まるで別人のようである



毎日、朝晩に5分ほど取り入れて
これだけの効果を感じられ
本人も意気揚々として
欠かさずエクササイズを続けている


私はドクターではないが
この変化を目の当たりにして
如何にこのエクササイズが
人体的に的を得たものなのか
確固たる自信を持つ事ができた


思い掛けずもハイヒールとは無縁の
父親が初めて教える相手となったが
美しく歩くためだけではなく
健康に在るために必要な哲学なのだと
改めて理解する素晴らしい機会となっている



ハイヒールの哲学が身体に良い、とは
幾度となくAsamiさんも綴られているが
嘘偽りなく、真実である


疑心暗鬼の方もいらっしゃるかもしれません
しかし、一度この扉を叩いて頂きたいと
心から願ってやみません


Maki

2018年5月12日土曜日

出産のご報告




51日 娘を無事に出産しました



430日の蠍座満月の日

本能的に今日始まるだろう
という予感通り、その夜に陣痛が始まり
12時間の時を経て、誕生してくれました



有難いことに母子共にとても健康で
先日無事に退院となりました
 


産んだ直後は、疲労感で意識が朦朧としており
ゆっくり感情を噛みしめる余裕はありませんが
初めて娘の手を握った瞬間
とても暖かい思いが込み上げ
この気持ちをどの様に表現すべきでしょう
涙が出そうな、でも笑顔が溢れるような
不思議な気持ちに包まれました



命を産みだすこと、命の尊さ、生命力


私よりずっとずっと小さい娘に
計り知れない命のエネルギーを感じ
私達の元に生まれてきてくれたことに
心からの幸せと感謝を感じます



深夜に始まった陣痛が強まるにつれて
心の強さを保つのが難しい局面もありましたが
片時も離さず握ってくれた夫の手から伝わる愛情
AsamiさんやTeami-Asami-Paris-の方々
そしてAMELKISにお越し下さる皆様を思うと
見えずとも伝わるエネルギーを感じ
幾度となく助けて頂きました



一日でも早くBlogを綴り
ご報告と御礼をと思っておりましたが
産後、目の疲労感が酷く
PCに長時間向き合えず
本日となったことに憤りを感じます 


本当に心より感謝しております




現在は慣れない育児に悪戦苦闘しつつも
家族の協力を得ながら
日に日に成長する娘の姿に
笑顔と幸せが溢れる日々を送っております




一日でも早いコンサルティング復活に向け
体力回復にも努めております



大きな愛溢れるギフト
これから更に変化していく人生に
希望を感じます



心からの愛と感謝を込めて
 



Maki

2018年4月24日火曜日

プライド


 
  
 
外出予定が無くても毎日メイクをする
外出時は必ずハイヒールを履く
 
 
 
これは、誰の為でもありません
私の美意識を貫く最低限のプライドです
 
 
私は里帰り出産ですので
現在は実家のある三重県におり
終日顔を合わせるのは両親のみ
という日も多々あります
 
 
私がメイクをしていなくても
両親は全く気にしません
 
 
ストレッチは欠かしませんが
エクササイズが十分に出来ない今
ハイヒールを履いて外に出るのは
大げさな表現になってしまいますが
覚悟が要ります



それでも貫きたい
私の最低限のプライド



誰かの為に貫いているのではなく
私の中に在る、女性の心の為に
貫いています


プライドとは矛先が外に向くと
他者との比較に自身が翻弄され
息苦しくなってしまいます


しかし、プライドが内に向くと
恥をかいても、失敗しても
成長の為にしている事ですので
恥ずかしくは思いません


仮に後ろ指を指されても
また非難されたとしても
サラリと流せるようになります



病院へ行く時も、外出時も
ハイヒールを凝視されることは
多々ありますが、それでも
とても軽やかな気分でいられます



これを綴ること、実は産後の私への
宣言でもあります
産後のゴングが鳴った後も頑張るぞ
そう自分に言い聞かせているのです



全ての女性へ心からの愛を込めて


Maki
 


2018年4月19日木曜日

溢れる思い

 


 
 
12月6日から開始しました
コンサルティングですが
この度、出産が間近に迫り
暫くお休みに入る事となりました

先週のプレタポルテでは
明らかに出産が近づいているのが
見て取れる歩きになったこともあり
Asamiさんと共に、これが出産前
最後のレッスンかもしれない
という思いで画面を閉じました


身体の変化とは正直であり
1週間でここまで激変するのかと
逆に感嘆するほどです


翌日からはストレッチが
精一杯の状態となり
おしるしもありましたので
いつ陣痛の時を迎えても
不思議ではない状態です


















お休みの決意をした時
コンサルティングを始めて
良かったと、心の底から
湧き上がる暖かい気持ちに
目が熱くなるのを感じました
 

学んでいることを文字におこすと
ハイヒールでの美しい歩き方とその理論
ではありますが、本当の学びは
全く別の更に深いところにあります
 
 
 
 
美しく生き抜くこと
それは自分の人生を生きること



自分の世界を創り上げることに
エネルギーと魂を燃やし
自分の世界観が明確になるほど
他者への尊敬や愛が生まれる



コンサルティングを始め
私の世界観を創り上げていく内に
私は他人様の生き方を尊重し
噂話に一切の興味がなくなりました


私の人生を大切にするからこそ
他の方の選択や生き方を
今はとても大切に思うのです


互いに違うことが自然であり
時にそれは心地良いものだと
思いますし、そう思えた時
心に穏やかな平和を感じます



私は、出産前のタイミングで
これに気付けたことは奇跡であり
一生の財産であると感じています


 
 
またこのコンサルティングの期間
身体の怠さから美しさを諦めるのは
いとも簡単に出来たことです


しかし、AsamiさんやTeam-Asami Paris-
のメンバーの方々から感じるエネルギー
AMELKISにお越し下さる皆様の思い
 
全てが私を奮い立たせ、美しく在る事に
喝を入れて下さいました

この感謝の意を、どう表現しても
表現しきれないもどかしさを感じます

 
 
 
時には、膨らんでくるお腹に
エクササイズをしてもしても
反比例の様に成長できないようで
焦りを感じる時も幾度となくありましたが
1年前の私の歩きや脚と見比べると
各段に今の方が美しいと思えます



現在の心境としては
出産と子育てという未体験のことに
ワクワクではなくブルブルと不安を
感じて日々を過ごしておりますが
皆様のエネルギーを胸に頑張ります



今までのような頻度でのBlog更新は
難しいかもしれませんが、それでも
引き続き、可能な限り綴ってまいりたい
と思いますので、ぜひAMELKISに
お越しくださいませ























全ての女性へ心からの感謝と愛を込めて



Maki


2018年4月15日日曜日

これからの時代に必要なこと




静寂な朝方、心をただひたすら
フラットにし潜在意識を研ぎ澄まし
出てきた思いがあります
 
戦後から今までの時代を
学歴の時代と表現するのであれば
これからは、間違いなく
人間力、魅力の時代になるということ
 
人はより人とのコミュニケーションを
欲するだろうし、そこに価値を
見出していくのではないでしょうか
 
 
勿論、今までのどの時代であっても
人間力は必要とされてきましたが
その必要性は更に加速を増し
正に素の自分が試される時が
きているように感じます
 
 
 
別に万人受けする魅力は必要なく
しかし誰かを引き付ける魅力の種は
誰しもが必ず持っているはずです
 
 
その魅力に気付き高める為には
やはり如何に心の声に忠実に
そして力を出し切って
生きるかではないでしょうか
 
 
真の自分が何処に向かい
何を達成したいのか
隠さず逃げずに100%で向き合う
 
 
これを自力で貫く決心をすれば
奇跡は起きるし
その方のエネルギーは止まる事無く
いつまでも人を惹きつける
人間力、魅力になっていくと思います
 
 
それは同時に「全力で生きる」
ということではないでしょうか
 
 
全ての女性へ心からの愛を込めて
 
 
Maki


2018年4月13日金曜日

緩んだボルト



声のテンポやスピードとは
エネルギーの流れを創り出す
という点で非常に大切である

昨日のコンサルティングで
素足のエクササイズを
コーチ役として実践したのだが
驚くほどテンポ感が鈍っており
非常に締まりの無い、まるで
セラピーの様な雰囲気になってしまった


「足の甲を返して膝を曲げます」
の一言も、耳の遠い高齢者へ
話しかけるようなスピードであった

Asamiさんに指摘頂いてから
従来のテンポとスピードに戻すと
不思議と内側からエネルギーが
漲ってきたのである


僅か5分ほどの間に
内側のエネルギーのみならず
顔つきも絞まったように感じる


コーチの発するエネルギーとは
直にクライアントへ伝わるのは
言うまでもない

 
昨日の様な間延びしたエネルギーを
将来AMELKISにお越しいただく
クライアントの方々へ伝えるわけには
絶対にいきませんので
緩んだボルトを締め直なくてはいけません


Maki

2018年4月12日木曜日

ストイックである理由


Asamiさんも含め周りの方々に
私はストイックであると言われます
私もそれは認めるところです
 

人により、称賛としてお伝えして下さる方と
一方で、「ほどほどが一番、何事もバランス」
という方と、二つに分かれます

 
幼少の頃の私はと言いますと
ストイックとはかけ離れており
楽しそうなことには全て手を出し
浅く広く物事を楽しむといった感じでした
 
 
きっかけはバイオリンですが
発表会やコンクールなど
たとえ、周囲の評価を得ても
私自身がどう評価するかに
重点をおき始めた頃から
ストイックな私がむくむく誕生したと
振り返り感じます
 


目標達成という感覚はなく
いつまでも成長過程である
という意識なのです

それでは余りにも苦しいのでは?
という事も言われますが
周囲が感じるその「努力」を
苦を伴う努力と認識していないのです


成功したい=自分の理想に近づきたい
と心底願うものへの努力は苦を感じません



私にとって仕事の姿勢や成功の在り方を
考える時に、どうしても出てくる像は
父親ですが、その父を見ていて思う事は

人生に天変地異が起こっても
足取りを止めない

ということです


止まることをせず
自己評価を軸にした時
ほどほどにバランスをとるとは
困難を極めますので
私はストイックに
生きてまいりたいと思います



全ての女性へ心からの愛を込めて


Maki
 


2018年4月10日火曜日

過去は変えられる




今朝ストレッチを行なっている際
操作を誤り予想外の音楽を流した
私がアメリカ滞在中の最後の時期
精神的に非常に苦しかった時に
よく聞いていた曲だ


香りが人の記憶と密接に結びつのと同様
音楽もまた、当時の記憶を鮮明に蘇らせる


私はバイオリン講師をしていたが
現職の内定を貰い、音楽と全く違う
フィールドにどうしても挑戦したく
当時婚約していたパートナーに
2年限定での日本帰国を相談した


彼は2ヶ月以上の遠距離は無理だ
の一点張りであり、深い話合いすら
持てない状態であった


今の私であれば確固たる軸のもと
理性をもって対話する自信があるが
当時のヒヨヒヨしたマインドでは
日替りに変わる自分の感情に
振り回されてばかりであった


相手もこの日替りマインドに
さぞかし疲労を感じたことであろう


当時の選択は二択だ
内定辞退で結婚、か
入社して別れるか、である


恥を曝け出すが
私はなかなか決断できない自分に
幻滅と苛立ちを覚え
心身の状態たるや最悪であった
(決断までに5ヶ月も掛かったのである)



バイオリン講師の仕事は120%の力と責任で
行なっていたが、レッスンが終わり
扉を閉めた途端に、世界中の不幸を
背負っているかの様な顔をしていた


選択肢を与えられた贅沢な身で
完全な被害者気分でいたのだ



結果としては、魂の声に従い
別れと現職への就職を決意したが
最近まで当時のことを思い出すと
情けない有り様、且つ本当に大変だった
という感情がメインであった


しかし今朝、例の曲を聴いた時
当時の経験と彼へ心から感謝の気持ちが
沸き上がってきたのである



なんと愛ある試練を私に与えてくれたのだろう
心からそう思えたのである



私はあの苦い経験をしたからこそ
心の自由の大切さ
自分を立て直す方法
直感を信じる重要性
男女の関係性
挙げたらキリがないほど学び
格段に強くなったのである


いつもながら気付くのが遅いが
本当に心が震えるほどに
感謝の気持ちが溢れ出たのである



過去は変えられないが
未来は変えられる
とはよく耳にする言葉だが
私は、過去とは解釈次第で
大きく変えられるのだと思う



全ての女性へ心からの愛を込めて


Maki

2018年4月7日土曜日

食事を心から楽しむ


本日は入籍1周年記念として
夫とフレンチに出掛けました


以前のBlogでも申しましたが
私はハイヒールと向き合い始め
体重計は処分しました

妊婦検診が始まった現在は
久しぶりに体重を検診時に
知るという状態です


「細い」ことや「軽い」事に
美の焦点をあてなくなったこと
ハイヒールで筋力の維持がされていれば
大きな体重変化はないからです


私は知る人ぞ知る大食家で
また夕食を最もよく食します

そのため、以前はせっかくの
素晴らしい食事も、食後に罪悪感
を感じたり、食べる量を意図的に
減らしたり等、100%楽しんで
食事を戴けませんでした


本日もしかりですが
シェフが心を込めた美味しい食事を
心落ち着く人々と楽しめることに
心から幸せを感じます


余談ではありますが
食事中にハイヒールを履く事で
足下から高い緊張感を感じ
姿勢や間の感覚の維持に繋がります



全ての女性へ心からの愛を込めて


Maki


2018年4月6日金曜日

筋力維持のためにも



遂に臨月に入り、ここまでお腹は
膨らむものなのかと驚愕している私です

先日、Gianvito Rossiをもっても
ハイヒールに足が通らない、若しくは
無理をしないと通らないほどに
足が浮腫んでしまう日が続いてしまい
3日間ハイヒールを履けずにおりました


浮腫んでもエクササイズはしておりますが
4日目、久しぶりにハイヒールを履いた時
明らかな筋力の低下を感じました


当たり前と言えば当たり前ですが
やはり、ハイヒールを履いての歩行
又はエクササイズで使う筋肉量は
素足のエクササイズとは比較になりません


筋肉量に合わない高さのハイヒールは
適切に身体を動かせませんが
自分に適した高さのヒールは
やはり日常的に履かなくては
筋力の維持は出来ないものだと
改めて痛感致します


Maki

2018年4月5日木曜日

取り入れた練習方法




本日のプレタポルテにおいて
Asamiさんからパーフェクト
と言って頂けました
(勿論、全てにおいて指摘箇所が
ゼロというわけではありませんが)


そこで、先週から何を改良したか
私なりにBlogに綴ってみますので
少しでもお役に立てれば幸いです



1. 鏡有りと無しで動画を撮る

鏡を見ながらのエクササイズですと
左右のバランスにズレがないかを
確認しながら意識的にも、また
無意識的にも修正できます

しかし、ひとたび鏡を取り払うと
筋肉の癖や弱さが影響してしまい
ズレが所々で出てきてしまいます

実際にハイヒールを履いて歩く時
鏡のある場所ばかり歩くわけはなく
100%自分の感覚に頼らざるおえません


そこで、鏡が無い時の身体の癖こそ
しっかり把握しておく事としました



2. 目を閉じて練習する

1で客観視した癖を修正する為に
鏡を使ってしまうと、元の木阿弥に
なりますので、目を閉じて鏡の前に立ち
一つ一つの動きを止めて目を開き
ズレを確認します

例えば、フラミンゴのエクササイズ
足と膝を返す、45度辺りまで上げる
90度まで上げる、前足の途中、
つま先を下に向けた時、着地し進む時、
と各々の箇所で目を開けズレを見ます

ズレがあれば、その一つ前の
動作から目を開けた状態でやり直し
正しい筋肉の使い方を身体と脳に
叩き込みます


面白い発見は、筋力が弱い動作の箇所で
目を閉じていると、身体は大きく揺れます
(バランスを取ろうとしているのでしょう)


3. 1を再度、繰り返す

2で叩き込んだ筋肉の使い方が
鏡有りの時にどう写っているか
鏡無しの時にどう修正されているか
きちんと確認をします



全てのエクササイズにおいて
上記の練習方法を取組めれば
理想的ですが、どれか一つだけでも
取り入れてみますと、嫌というほど
自分の癖を確認することができます


無意識の癖を修正するのが
一番、効率的かもしれません



全ての女性へ心からの愛を込めて


Maki