2018年10月13日土曜日

モニターレッスンを控えて


マリーアントワネットが聴いていたヴァイオリン
「サン・ロレンツオ」


昼下がり、六本木ヒルズ内
森美術館で開催されている
ストラディバリウス展に
足を運びました


20挺もの彼の楽器たちが
ズラリと並ぶ様は
正に息を呑むほどに圧巻


一挺ずつ足を止めて見たましたが
300年余り時を経ても
彼の一挺を仕上げる情熱は
崇高な波動を放っています


展覧会では、ストラディバリウスの
楽器を使ったコンサートも開かれ
目だけでなく耳、そして心までも
その波動に酔いしれることができました



モニターレッスンの日が
刻々と近づいてきております



数回のメールのやり取りだけでも
とても愛溢れる方であり
彼女の美意識の高さには
背筋を正してしまうほどです



見ず知らずの私に
ハイヒールへの熱意を向けて下さる



その思いに最大限にお応えすべく
毎日、まるで念仏のように
当日のスクリプトを唱えております


私は原稿を作って、それを話すのは
とても苦手なので
各エクササイズで絶対にお伝えしたい事を
漏らすことのないように
ポイントを唱える日々です


私はどうしても声が高いので
声の哲学も最大限に意識して


当日のサロンのレイアウトや
お出しするものも
慎重に吟味し、少しずつ
形にもなってきました


たった一つ、決まらなかった音楽も
本日のストラディバリウス展で
インスピレーションを受け
決まりそうです



只、これらは形の部分


私がParisのオートクチュールで
強烈に味わったことは


ハイヒールで美しく歩くための
テクニックは勿論のこと
自分の内側に在る美に目覚めさせたこと


この目覚めは、無形ではあるものの
生きていく上での財産


これこそが
Asamiさんが魂を掛けて伝える
ハイヒールの哲学であると
私は理解しています



私もこの愛のリレーを繋げるために
心を込めて
当日を迎えたいと思います



Maki
AMELKIS

2018年10月11日木曜日

波動を高めるとは





私のBlogでも度々出てくる言葉
エネルギー、即ち波動
というものですが
とても大切なものです



波動は、決して目で確認は出来ずとも
人や物、お金に大きく
影響しています



類は友を呼ぶの通り
波動の高い人には
同じく波動が高い人が集まりますし
ネガティブな波動は
自然に跳ね除けられていきます



その人物が人として
良いか否かは置いておいても
お金もやはり波動の高い人に
集まるものだと
過去の経験から思います




波動の上げ方という名目で
書籍やネット、はたまたセミナーまで
見受けられますが
私はこれらに非常に懐疑的です



波動は人に教えてもらうものでなく
自分の力で得るものだからです



パワースポットに行って
波動が上がるのなら
みんな行って
既に世界は豊かで平和なはずです



波動の高い方に共通しているのは
チャレンジし続けている
ということ


勿論、そのチャレンジは
自分が好きな事であり
又、問題に直面したとしても
四の五の言わずに挑戦し続ける

愚痴を言う暇も作らない


そして、そのチャレンジを
やり続けること


継続するとは想像以上に
難しいことですが
決めたことを実直に
やり続ける


そのプロセスが波動を
大いに高めていきます


人生で勝ち負けを競う必要は
全くありませんが
組織の中にあって
何かをやり続け、やり抜く人に
周りは圧倒され
ネガティブなものは淘汰され
そして、最後は魅了される


高い波動とはそういうものです


自分だけのオンリーワンの波動です
磨いて磨いて、高めて下さい



Maki
AMELKIS



2018年9月30日日曜日

ルブタンの裏張りについて



モニターレッスンを受けて下さる方より
ルブタンの靴裏の
裏張りはどのタイミングで必要か
ご質問をいただきました



新調したタイミングで行うか
何度か履いてから行うか
ということです


私は早速
裏張りせずに、レッドカラーが
落ちたタイミングで張り替えて下さい
と返信しようとしました


何故なら、私自身
最初から裏張りをしてしまうと
靴が固くなると
ルブタンの店員にアドバイスされた事もあり
裏張りをせずに外出していたからです



しかし、何故か心に引っかかるものがあり
送信ボタンをどうしても押せず
Asamiさんへ相談したところ


必ず裏張りを最初にして下さい


との返信が


道路のコンクリートにより
靴裏が汚く剥がれてしまい
運が悪ければ、地面と接触していない部分まで
剥がれてしまい
全面張り替える悲惨な状況に
なることもありえるとのこと


既に外履きしているルブタンを思うと
衝撃的すぎて涙が出そうですが
次のルブタンも外に出そうと
考えていた事もあり
こちらの質問は、天からの助けにも感じます



即日、他のルブタンの裏張りに
出向こうと思います


こちらのblogが、1人でも多くの女性と
美しいルブタンを救える事を願っています